About

やまのこ製本店は、1冊ずつの本と手作業で向き合う手製本のアトリエです。

手製本とグラフィックデザインをかけあわせ、大切な本やアルバム、
特装本や箱などの佇まいを1冊からデザインし、ときに修理もおこないます。

私たちひとりひとりが違う感性をもって生きている人間であるように、
その人間たちがつくる一冊の本にのせられる想いは、当然それぞれ異なるはずです。

それは決まったかたちではなく、
その本にふさわしい構造が、デザインが、素材が、印刷が、仕掛けがあり、
それらが織りなすカタチは、人をより深い本の世界へと誘ってくれるのだと信じています。

あなたの本に沿ったカタチを、あなたと一緒に手さぐりをしながら探したいと考えています。

やまのこ製本店  辻田 明菜

1983年埼玉県秩父市生まれ。
2006年より商業デザイン、2012年よりweb会社にてwebデザインに携わる。
フリーランスを経たのち、2018年紙ものをデザインする「やまのこ舎」を設立し独立。

2017年に手製本と出会い、学んでいるうちにとてつもなくのめりこむ。
2020年神奈川県相模原市緑区旧藤野町にある自宅敷地内に、
手製本のアトリエを構え、「やまのこ製本店」としての活動もはじめる。

製本家 / グラフィックデザイナーとして、
本やアルバムのオーダー、修理、ワークショップ、手製本の技術を活かした品物制作など、
紙まわりの佇まいをデザインしています。

;